2018
02.03

踏ん張ってます

1月はいろんなことがあって、あっという間に過ぎていき、
気がつくともう2月~~
月日が経つのが早すぎマス(^^;)

さて、ふくさんの乳び胸の経過ですが、前回胸腔穿刺で
乳びを抜いた時、主治医と次はギリギリまで頑張って抜きましょう、
って話し合ったので、日々呼吸数チェックしつつ経過観察しています。
なんとなーーく、ですが、前回より貯留スピードが下がってきているような(≧∀≦)
ただ、ちょっと動いただけでハァハァしちゃうのは変わらず…
これはもう治らないかもしれないね、と主治医は言っています。
元気に走り回ることは出来ないかもだけど、穏やかにのーんびりしてもらってて、
たまに走っちゃった時(といってもうん○ハイの時くらいなものだけど)は、
十分休息取ってもらえるように、常にふくさんが安心していられるような
環境作りを心がけていきたいと思います♪

CIMG18010003-1.jpg
まつぼっくりじゃないでちゅよ♪

毛割れは相変わらずですが、ひところよりは落ち着いたかな。
再発した時はホントにまつぼっくりみたいになってたので(^^;)

とにかくこの病気、外科手術以外の積極的治療の選択肢がすごく少なく、
腎臓の弱いふくさんには、積極的治療なないと言っても過言ではなくて、
ひたすら治まってくれるのを祈るのみ…
なので、今のところ貯留がもしかしたら緩やかになってるかも…というのは、
心配して気遣って下さっている方々の思いのおかげという気がしてなりません。
本当にいつも応援してくれてありがとうございます。



さてさて、今年はとにかく全国的に寒すぎです。
そんでもって雪、降りすぎ。
会社もインフルエンザと雪で現場の遅延で潰れそうです(^^;)。

そんな中、ふくさんはとにかくあったかくしていてもらわないとなので、
ストーブ全開ホカペ全開体制です。

CIMG18010007-1.jpg
ぬくいでちゅ♪

ふくさんかぶりつきでストーブ満喫の図(^^)。



さてさて、下僕の腹痛の検査の結果ですが、
確定診断が出ました。
潰瘍性大腸炎でしたー(>_<)

実は、症状的に最悪大腸がんのステージⅢBあたりの可能性も
あったので、即手術とかにならずに済んでヤレヤレなんですが、
この病気なかなか厄介で、いまのところ完治しない難病らしいです。
リウマチも治らない病気だし、どちらも免疫系の暴走が原因で、
なおかつ強いストレスが発症要因になる可能性高い病気ってことで、
原因は同じところにあったのかなーと。
おそらく発症時期も同じ頃だと思います。
ならば、もう原因からは離脱してるので、あとはうまくコントロールして
治らないなりにつきあっていこうかと。
少なくともふくさんがこんなときに、入院とか手術とかは絶対無理なので、
ここはワタシも踏ん張ります(^^)v。

大雪だけじゃなくて、インフルエンザも大流行…
ブロ友さんも何人かインフルエンザでダウンされてました。
明日は立春♪
まだ寒さは続きそうだけど、春は少しずつ近づいてきてるから、
もうちょいがんばりましょーーー(^^)v


Comment:6
2018
01.14

年越しできました

Category: ふくさん   Tags:乳び胸
新年のごあいさつをするには、だいーぶ日にちが経ってしまいましたが、
今年もよろしくお願いいたします(^^)。

とにもかくにも、ふくさんと新年を迎えることが出来て、病院休診日も
なんとか無事やりすごし、受診初め?(笑)も済ますことが出来ました♪

乳びの貯留は、今のところ6年半前の一番酷い時に比べてゆっくりで、
でも前ほど溜まっていないのに、呼吸は荒くなるようです。
やはり再発だと、胸膜内の繊維化が進んでいるのかもしれません。
それでもステロイドのおかげもあって食欲は落ちることなく
乳びを抜いてから2~3日は楽になってる感じがします。
今回の受診時、主治医と今後のことをいろいろ相談したのですが、
ドレン留置するまでの乳びの貯留量は今のところなく、留置することで、
ふくさんの受診のストレスはなくなるけれど、反面ステロイドを
やめなければならないとか、チューブを留置した刺激で繊維化を
促進してしまうかも、といったリスクもあり、もう少し経過観察しましょう
ということになりました。
アレルギーと便秘に関しては、いい感じにコントロールできてるので
なんとか収束、寛解してくれることを祈りつつ、日々の呼吸チェックを
しっかりとやっていきたいと思います。

CIMG18011102.jpg
若干楽チンでちゅ♪

受診で乳びを抜いてもらって、不機嫌ながらも楽そうなふくさん。
このままうまく止まってくれるといいね。
がんばろうね!



さてさて…
今年はなんだか新年早々病院受診がてんこもりでして…
実は下僕の方も、以前から調子の悪かったお腹の調子が
いよいよ悪くなってしまい、正月明けに近所の胃腸科を受診したところ、
すぐに内視鏡検査を言い渡され、先日大腸の内視鏡検査を
やってまいりました。
確定診断はまだなのですが、どうやらちと厄介な病気が加わりそうな予感(;゚Д゚)
パニック障害と線維筋痛症をやっとこ克服したのに、
さらなる強敵が立ちはだかりそうです…
てっきりリウマチで飲んでいるお薬(リウマトレクス)の副作用で、
お腹の調子がおかしいのだと思っていたのが迂闊でした。
とはいえ、なってしまったものはしょーがない!
確定診断が出たら、腹を据えてふくさんのため、こちらも
全力で闘います(^^)v

Comment:6
2017
12.24

ふくさんがんばってます

Category: 特発性乳び胸   Tags:乳び胸
先日の乳び胸再発のご報告に、あたたかい励ましのお言葉をいただき
本当にありがとうございました。

おかげさまでふくさん、がんばってます(^^)v

1回目の抜去後3日後の2回目の胸腔穿刺で
100mlあまり乳び抜去できました。
前回抜けなかった分がある程度抜けて、
貯留量が少なくなって、これで少しはふくさんも
楽になったかなと思います。
呼吸は相変わらず若干浅くて少し速いし、毛割れも
おさまってはいないけど、前回よりは呼吸は少しゆっくりに、
毛割れも前回は「まつぼっくり」みたいな状態だったけど
今はそこまでの毛割れではないです。

CIMG17122301-2.jpg
もっと食べたいでちゅ

おかわり要求中のふくさん♪

心強いのはステロイドの影響があるとはいえ、
食欲が落ちていないところ。
あれだけ胸水が溜まっていて食欲があるのは凄いと
主治医も感心しています。
便秘対策のための「ロイヤルカナン消化器サポート可溶性繊維」
も気に入ってくれて、現在腎臓の療法食と半々で出しているのですが
ちゃんと食べてくれています。
そのおかげで、お通じは今のところいい感じ(^^)v
ただ、飽きっぽいふくさんのこと、いつまで食べてくれるか
わからないので、ブロ友さんが教えて下さった
ラクツロースシロップも少量ごはんに混ぜて調整中です。
ごろさん教えてくれてありがとう(^^)。

ちなみに最初に試した流動パラフィンは、ちょうど乳び胸の再発発覚と
ぴったりタイミングが合ってしまったので、
それが起因した根拠はまったくないのですが、とりあえず中止ということで…

あと、お目目の方もプレドニゾロンを0.5mlに戻して目ヤニがまた少なく
なってきたので、このまま0.5mlで当分継続に…

CIMG17122305.jpg
ホカペぬくいでちゅ

胸水の貯留が多いと、こうやって横向きに寝転がることが
少なくなってきます。
再発後は今のところ、横向きで眠れないほど荒い呼吸には
なっていないのですが、寝転がり方は状態を推察するのに
とても大切なことなので、こうやって寝ていてくれるとほっとします。

あと、苦しいと寝ている間に寝言を言わないような気がします。
ふくさんが寝ている間にゴニョゴニョ言っているのは
良い状態なのかも~と思ったりして。
再発発覚以降めっきり寝言を聞かなくなっているのですが、
またゴニョゴニョ言ってくれると信じて引き続き注意深く見守りたいと
思います。

そんなわけで、突然の急変は十分ありえる状況ではありますが、
このまま落ち着いていてくれたら、一緒にクリスマスを迎えられそうです(^▽^)
今年はもうなーーーんにもないクリスマスですが、ふくさんが落ち着いてくれていれば
それで十分!

みなさまも素敵なクリスマスをお過ごしください(^^)



Comment:11
2017
12.17

再発

Category: 特発性乳び胸   Tags:乳び胸
先日、ふくさんの便秘がちょっとひどくなって、
食欲が若干落ちてきたため、いつもより早めに定期受診に
行ってきました。

摘便で、すっきり出してもらってその後食欲も回復。
腎臓の血液検査の結果も、
BUN30.4
Cre2.2
とまずまず安定していて、ほっとして帰ってきたのですが、
翌々日の夜、ちょうど就寝前あたりに、なにか違和感…
なんだか息が荒いような気がして、でもその時は気のせいか
と思いました。
しかしながら翌日、やっぱりおかしい。
息が少し荒くて、毛割れしてる気がする。
いやーーーな予感がよぎりました。

…というのも、今年の夏の年に一回の超音波検査で、
ごくごく僅かながら乳びの貯留が確認されていたんです。
この6年間なかったことなのですが、あまりに僅かだったので、
問題ないでしょうということになり…

でもその時からすでに再発が始まっていたのかもしれません。

翌日、受診して超音波で確認したところ、
残念ながら乳び胸の再発でした。

6年半ぶりの胸腔穿刺で120ml抜去。
まだ乳びは残っているけれど、それが限界だったので、
その日はそこまでで、数日後に再検査ということに。

せっか目の調子が良くなって、便秘もお薬やフードで
なんとか克服できそうだった矢先に、一番恐れていたことが
起きてしまいました。

ともかくも、経過をしっかりと見極め、ふくさんにとって最良の治療を
選択していこうと思います。


CIMG17120004.jpg
つかれたでちゅ~~~



大嫌いな受診から帰ってきてすっかりお疲れのふくさん。
おこたでお休み中…
でも乳びを抜去したことで、ほんの少し呼吸は楽になったよう。


CIMG17120006.jpg

6年半前、ドレーン留置してた時に着せていたお洋服や腹巻を
引っ張り出してきて洗濯しました。
久々に出して手に取った途端、あの頃のことがうわ~~~っと
蘇ってきました。
すぐにでも、またこれを着せて闘う事になるかも。
ふくさんはあの頃に比べて高齢になったし、その間腎不全の
闘病もしてきたわけで、当時に比べると体力的には正直きつい
ところもあるのですが、幸い腎臓の数値は今落ち着いているし、
体重も微増…
なので、乳び胸が悪化して体力が落ちる前に
先手を打ってドレーン留置することも考えています。
いずれにせよ、ここ数日しっかり経過観察して、
適切な治療を主治医と検討していきたいと思います。

CIMG0001-1.jpg

久々の胸腔穿刺でちょびっと毛刈りされておハゲが
できちゃったふくさん。
ステロイドを減薬したらまた目ヤニ復活しちゃって
ますが、元に戻したら回復し始めました。
たった0.2mlの差なんですけどねえ~
ステロイドおそるべし(笑)

Comment:6
2017
11.30

だいぶ良くなりました

Category: ふくさん

もう11月も終わりということで、毎年のことながら、
師走の時間の早さに今から怯えております(^^;)。

このぶんで行くと、今年もやり残し多数で、年賀状もギリギリ
まで作れず、クリスマスにせっせとこしらえてる可能性高し…


さて、
ふくさんのおめめのその後ですが、

プレドニゾロン0.5ml1日おきに投与したところ、
かなり改善しました\(^▽^)/

DSC_2192.jpg
すっきりしたでちゅよ♪

若干目つきの悪いお写真ですが、
トレードマークのようについていた目ヤニがすっきり♪
ただれた目の周りもかなり目立たなくなってきました。
このままこの状態を維持したいところですが、少し減薬したい気持ちもあり…
というのは、これはプレドニゾロンの副作用と断定は出来ないのですが、
投薬開始してから、ふくさんの便秘がひどくなって、
それにともない嘔吐も若干増えちゃいました。
プレドニゾロンの影響で、若干食欲が出たんで、体重増加は期待できるんだけど、
便秘はやっぱりかわいそう。
というわけで、現在0.3mlで経過観察中。
これで目の状態が維持できたらいいなあ~
ちなみに0.3mlにして、まだ便秘気味なのは変わらないけど、
嘔吐は減りました。

来月半ばに定期受診の予定があるので、
それまでこの量で維持できたら~と期待してます。


さてさて、
この季節になると、ほかのことはともかく
準備しなければいけないのが、
来年のふくちゃん日記の手帳♪
闘病を始めてからずっと、同じスタイルの手帳を
準備してきたので、今年も早々に準備しました。

あと、来年のカレンダー♪
来年は、ほのぼのした感じの物を選んでみました。

DSC_2221.jpg

猫さんがいっぱいでのんびり楽しそう(^^)

DSC_2223.jpg

こちらの2つのカレンダーは百均で。
最近は百均でも可愛い絵柄のものがあってびっくり。
数字だけの方は仕事部屋で使おうと思います。
そしてピンクの猫さん柄の手帳がふくさん日記用。
毎年験を担いで、赤やピンク、ビタミンカラーなんかの物を
選んでいます。
来年もふくさんが元気で生き生きと過ごしてくれますように♪


◇ちょびっとご報告◇
 昨年の春から闘病していた「パニック障害」と「線維筋痛症」ですが、
 今月無事完治のお墨付きをもらいました。
 引越しをした段階で、一気に好転はしていたんですが、
 ゆっくりお薬を減らしていって、慎重に経過観察をしていてかなり時間が
 かかりました。
 関節リウマチとのつきあいは残念ながら一生物で、完治はしないけれど
 それでも2つ病気が減ったことで、かな~り楽になりました(^^)。
 ご心配いただいた皆様、励まして下さった皆様、
 本当にありがとうございました。
 引き続きリウマチとうまくつきあってがんばっていきたいと思います。

Comment:10
back-to-top