2015
07.25

大箱イロイロ

Category: 慢性腎不全   Tags:慢性腎不全
本日の名古屋、36℃越えだそうで、
キョーレツな暑さでございます~~(;゚Д゚)
しかーし、世の中にはもっともっと暑い場所も
いっぱいあるみたいで…(怖)

みなさま熱中症注意しましょう。
お外の猫さんも、なんとかうまく脱水しないように
お水が飲めますように!



今日からかなり暑くなると予報が出ていたので、
昨日恒例の定期受診いってまいりました。
血液検査の結果は、残念ながらイマイチで…

BUN29.4→31.6
Cre2.8→3.1

という結果でした~
Creがまた3台に戻ってしまってしょんぼりです(´・ω・`)
とはいえ今までも波があったので、次回進んでないことを
祈りつつ、お世話に励みたいと思います。


さて~
ずーーーっと前に購入したカットメンの大箱
とうとう使い切って、またしても買ってしまいました(笑)。

04 26_0068

カットメンだけで500gなり~♪
んで以前購入したのはなんと、2011年の10月!
その時の記事
いや~~4年もかかって使い切ったということですな(笑)。

04 26_0067

その頃といえば、乳び胸もまだ完全に収束したか
アヤシイ時期で、輸液も慣れなくて失敗多数の時期でした。
こんなにいっぱいのカットメン、全部使い切るんだろうかと
思っていたけど、使い切ることができて、大げさですが感無量です。
次の箱も使い切るようがんばろうね~ふくさん(^^)。


06 25_0135
そんなことよりパソ使用禁止でちゅ♪

最近のふくさん、
PCの上とそのデスクの下がお気に入り(*´Д`)=з
特に上にいる時は頑として動きまてん(爆)
下の小汚い座布団もなぜかお気に召したので、
下僕は都度他の座布団を持参しております(^^;)。



大箱おまけ♪

05 16_0104

ちょっと前の画像ですが、
コストコで買ったレイニアチェリー♪
今年はおいしいのを取り寄せしようと思ってたのですが、
時期逸して完売に…
たまたま行ったら売っていたので購入したんですが、
値段の割にはおいしかったです(^^)。



Comment:10
2015
04.27

季節外れの桜ですが…

Category: 慢性腎不全   Tags:慢性腎不全
ちょっと前の写真になりますが…

04 02_0073

ふくさんと実家の父の身体のことなどお願いしつつ
お花見に、近所のお稲荷さんへ♪
散り始めていたけれど、平日だったのでのーんびり桜を見ながら
お参りすることが出来ました。

ところで、うちの父の病名ですが、
なんとなんと、腎不全だったのです(^^;)。
一応腎機能の数値が2ヶ月で回復したので
病名は「急性腎不全」ということに…
ちなみに原因ですが、ありとあらゆる検査をしたのに
結局特定できず(^^;)
まあ、主治医からは年齢的に腎機能回復は難しいかも…
と言われていたのにほぼ正常値までこぎつけたので、
よしとしています。

そんなわけで、父は家族の中で最もふくさんの気持ちがわかる
(尿毒症の苦しさがわかる)ニンゲンになってしまったのでした(^^;)。

たとえば、腎不全を発覚した猫さんは、とにかく気持ちが悪くて
ご飯を食べてくれない…で、みんな駆けずり回って
ありとあらゆる缶詰を買ったりお刺身を全種類買ったりして
なんとかその日食べてくれたと思ったら、次の日は見向きもしないという
あの現象…
父も、前の日は食べられたプリンが翌日見るのも嫌になったり、
あと、食事を運ぶワゴンの音がしただけで吐き気がしたり…
それから、尿毒症がきつかった時期は同じお茶碗で
水を飲むのも気分が悪くなったそうです。
なんかふくさんの腎不全発覚時にすごく思い当たること
いっぱいあって、なるほど~~!と納得(^^;)。
また、逆にふくさんの経験があったから、アドバイス
できたこともありました(^^)。

04 09_0069
あたちのほうが先輩でちゅよ♪

暖かくなってきておこたの外にも出てくるようになったふくさん♪


それにしても…
改めて、透析って凄いな…と。
がっつり尿毒症でも透析で確実に数値は下げていけるから…
猫さん用の透析は費用もかかるしストレスもハンパないので
実際受けさせるのはなかなか難しいですからねえ~
というわけで、なんとか今の数値を維持して
穏やかに過ごしていってもらいたいものです。
ふくさん、がんばろね~(^^)



Comment:8
2015
03.27

やっと落ち着いたと思ったら

Category: ふくさん   Tags:慢性腎不全
前回に続き大変更新滞ってご無沙汰してしまいました(:_;)。

昨年末に急な引越しでドタバタ大騒ぎをして、
やっと今年に入って落ち着いたと思ったら、
今度は実家の父が緊急入院してしまい、
しばらく実家とこちらを行ったりきたり
しておりました。

もちろんふくさんをお留守番させているので、
日帰りとんぼ返りで、昼前にこちらを出発して
夜の8時頃の新幹線で戻ってくるみたいな生活を
1ヵ月間少々(^^;)。

おかげさまでなんとか昨日退院することができました♪

ふくさんも、引越ししたばかりの家で長時間のお留守番
をさせるのは心配だったんですが、頑張ってくれました(^^)。

02 11_0059
別に平気だったでちゅよ♪


お気に入りの和室でせっせとお手入れ中のふくさん(^^)。
この間の血液検査は2回あったのですが、
ちょっと数値に乱れがあって、そっちも心配なところ…
そのお話はまた後日に…

02 11_0061
でもごはんが遅くなるのは困るでちゅ

しばらくふくさんのごはんの時間も乱れがちだったですもんね(:_;)。

そんなわけで、しばらくバタバタしておりましたが、
やっと少し落ち着いたので、もとのペースに戻れそうです。
皆様のところにもまたお邪魔しますので、よろしくです(^^)。



Comment:20
2014
05.18

にんじん嫌い

Category: 慢性腎不全   Tags:慢性腎不全
今月は広告出さずにいけるかーと思ったら、
タッチの差でアウト
うーん(^^;)もうちょい余裕のある生活を心がけたいです(笑)。

さて、
遅ればせながら先月末のふくさんの定期受診の検査結果を…
今回数値が上がっていたら、かなーりブルーだったのですが、
結果はBUN29.0[前回33.9]
     Cre3.2[前回3.2]
という微妙な数値。
辛うじてBUNは下がっていますがCreが下がらないのがちと心配…
引き続き、次回の血液検査まで慎重に経過観察していきます。



さてさて、お話変わって今回はふくさんの好き嫌いのお話など♪

ふくさんは、腎臓の療法食のほかに数種類のサプリなどを
飲むために一般食のごはんを少量毎日食べています。
なので、ごはんのお膳はこんな感じ。

CIMG1405170002.jpg

左側が腎不全の療法食。右側がレトルトパウチのスープ
今回は「キャネット3時のスープ小エビ添えクリームシチュー風」です(^^)。
この中に、レナルジン・ルチン・ニャンブリオシャンピニオンと3種類の
サプリが入っています。

CIMG1405170003-1.jpg

ふくさんお食事中の図♪
面白いことに、ごはんとみそ汁みたいに交互に食べます(笑)。

CIMG1405170005-1.jpg

んで、食べ終わったお皿がコレ(^^;)。
元々そんなに入っていないにんじんを、完膚なきまで選りすぐって
お残ししています(笑)。
毎回これを見て器用だなーと思うんだけど、この能力が実はとっても
厄介で、気に入らない固形物だと見事にそれだけ残されちゃうんですよ~
なので、上記のサプリが無味無臭な粉末なのがホント助かります♪


さてさておまけに下僕のネタですが、
昨年苦しめられた肩の痛みが右に再来しまして(涙)。
右は利き手じゃないし、左でイロイロ経験したので、
多少はマシかもしれないんですが、左は結局半年以上
苦しめられたので、先行き気が重~~~~い(:_;)。
左よりちょっとは軽く済んでくれるといいんだけどなあ~(:_;)


Comment:16
2011
07.31

ふくさんについてのおしらせ

前回、次の更新でダイエットのお話などしようと、
のんきに書いていましたが…

残念ながら、まったく思いもかけないお知らせを
しなければならなくなりました。

ここでお知らせするまでの4日間、
かなり精神的に錯乱しておりまして、
今も悪夢を見ているような…現実逃避状態なのですが…



少し前(ちょうど誕生日の翌週あたり)から、
おしっことお水を飲む量が増えたような気がしていて、
暑いから気のせいかも…と思いながらもやはり
気になって、7月28日に受診をしました。

診察では特段の問題はなし。
血液検査と、超音波検査を行ってもらうことに…

結果、ふくさんは「慢性腎不全」であること。
もうひとつ、「特発性乳び胸」であることが
わかりました。

腎不全のステージは、現状まだ確定ではないですが、
中期と思われます。


ご存じのとおり、この2年の間、
ふくさんには大きな環境の変化やストレスがありました。
今まで病気らしい病気のひとつもしていなかったけれど、
名古屋に来てからは、体調の変化を注意深くチェックしていた
つもりだったのですが…
今年初めの検診では、なんの問題もなかったので、
慢心があったのかもしれません。
あの震災の最中、東京⇔名古屋間を往復する前に
酔い止めの薬をいただきに行ったのですが、
その時血液検査をしておけば…
もしくは、帰って来てから一応再検査しておけば
よかったのかも…等々。

後悔は尽きませんが、いまさら言っても仕方がないです。

DSC_11071232.jpg

病院から帰ってきて、ご立腹中のふくさん。
超音波でアルコール塗られた所をとにかく毛繕いしまくっていました。

この日、最初の輸液をして、乳びの胸水を抜いたのですが、
ごはんもしっかり食べ、バリバリ爪とぎして、トイレダッシュと
ピンポンダッシュをしたりと、元気で、不治の病をかかえた子とは
思えなかったのですが…
翌日の金曜日、再度輸液をして調子が良いようなので、
1日お休みした土曜日…
いきなり一気に食欲ダウンして、元気もなくなりました。

そして本日。
3回目の輸液から帰ってきても、食欲は落ちたままです。


ここ数日の急激な変化は、通院のためのストレスが原因か、
それともいきなりの腎臓処方食攻めで、ストレスがたまったのか…
あるいは、下僕の精神的衝撃がふくさんに伝わりまくっているのか…
あるいは、なにかのきっかけで尿毒症特有の症状が、いきなり
加速し始めたのか…

わかりませんが、間違いなく、ふくさんが病気なのだ。
それも、治る見込みのない病気なのだということを
実感しました。

まだ7歳なのに。



乱文書きなぐり状態で申し訳ありません。
慢性腎不全」の怖さについては、比較的知られて
いると思いますが、「乳び胸」という病気については
ご存知の方は少ないと思います。
わたしも初めて聞く病名でした。
特発性乳び胸」については、後日改めて。


とにかく今は、ふくさんとなるべく長く一緒にいられる方法を
主治医と一緒に模索しています。
もしかしたら、もうあまり時間が残されていないかもしれないけれど、
精一杯、ふくさんのために出来ることをしていこうと思っています。

※追記
突発性乳び胸ではなくて特発性乳び胸が正しいようです。
訂正しました。
Comment:14
back-to-top