FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018
08.02

8月になってしまった

ちょっとご無沙汰してしまいました。

7月は日本中が異常な暑さで、名古屋も例年ただでさえ重苦しーーーい
暑さなのに、今年はまさに命の危険の感じる暑さでした。
そんな時によりにもよって内視鏡検査なんかやったもので、
それがきっかけで、ちと体調崩してしまいました。
やっとこ体調戻ってヤレヤレです~(^^;)。

さて、この暑さでふくさんも若干食欲落ちたり、すこし心配なところ
もあったのですが、なんとかかんとかこちらも安定しはじめて、
ヤレヤレです~~~~(^^)v

ふくさん、先月の7日で14歳になりました
闘病も、先月末で8年目突入!
ふくさん、本当にがんばってくれていて、感謝感謝です♪

CIMG1807222.jpg
がんばってまちゅよ♪

ここのところ目ヤニが治まってくれていて、すっかりステロイド離脱できました。
それが理由か、血糖値もすこし落ち着いた数値に(^^)v
このままアレルギーでないでくれるといいなあ~
6月の末に行った定期健診では、Creが若干上がり気味だったけど、
血糖値が少し落ち着いたことで、ほっとひと息です(^^)。

…で、心配な乳び胸のほうは、右側の貯留が消えたのは良かったんですが、
左側は微増…総量としては微微増って感じ(涙)。
今回も主治医とじっくり話して、胸腔穿刺はなしで。
このまま注意深く見守りましょうということになりました。
こちらもこれ以上増えないことを祈りつつ…


さて、話変わってお世話係のお腹の話。
前回記事にしたアガロオリゴ糖のせいかどうかわかりませんが、
リウマチの症状が比較的落ち着いているので、
引き続きせっせと作って食べてます。

CIMG1807221.jpg

で、オリゴ糖っていろんな種類があって、腸内細菌の餌になる
だけじゃなく、それぞれ良い効果があるらしいので、
お腹のためにいろいろ買ってみました。
甘みのやさしいシロップみたいなものなので、使いやすいから、
レモネード作ったり、前述のアガロオリゴ糖の甘みに使ったり、
せっせと摂取しています♪

スポンサーサイト
Comment:9
2018
06.07

もう梅雨ですね


今年はなんだか五月晴れが少なくて、ぐずぐずした蒸し暑いお天気と
どんより肌寒い日が交互にきたかと思ったら、
も~梅雨ですよ。なんだか損した気分ありデス…

さて、
ちょっと前に取った写真ですが…

CIMG1806012.jpg
業務ぼーがいちゅうでちゅ♪

手前に開いているのはふくさん日誌。
寝る前にちまちま書いているとおジャマしにきました(笑)。
まあこうやって、なにかしらちょっかい出しに来たりするのは
調子の良い証拠(^^)v


CIMG1806011.jpg
もっとおジャマするでちゅ♪

ああ~~~パソコンの上はやめてくださ~~い(涙)
と、こんなことをしょっちゅうされているからか、最近Dのキーとか
1の半角キーとかの反応がめちゃ鈍くなっております(^^;)。

さて、ふくさんの体調ですが、目ヤニが若干治まってきているので、
ステロイドをやめてみています。
これから梅雨に入って夏になって…と気温や湿度が変わっていって
再発する可能性はあるのですが、少しでも減薬できるといいなと
様子を見ています。
お口トラブルのほうは今のところ再発なしで腫れもなさそう…
サプリは地道に続けております(^^)v
乳び胸の方は呼吸に大きな変化はないものの、気温が上がると
少し息が上がる気がしないわけでもなく…
ただ病院に駆け込むような大きな変化はないので、
今月半ばあたりの定期受診でまた状態を確認してみます。
それまで安定してますように♪

さてさて、
ふくさんのお口トラブルや便秘、そしてお世話係の潰瘍性大腸炎等々で、
最近腸内細菌や口内常在菌、それらの餌になるオリゴ糖のことなど、
色々調べることが多くなり、その中で、ちょっとよさげなものを見つけたので、
最近これを作っております。

テレビの健康番組なんかでも取り上げられてるんで、
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

CIMG8041603.jpg

アガロオリゴ糖ってやつです。

オリゴ糖は乳酸菌やビフィズス菌の餌になって、腸内で増やしてくれる働きが
あるのですが、オリゴ糖ってたくさん種類があって、それぞれいろんな効果を
もってるんだそうです。

で、このアガロオリゴ糖は、
抗炎症作用(抗酸化作用)
腸の壁である腸管の炎症を抑える作用、
そのほか色々効用があるらしく、ワタシの持病の取り合わせには
なかなかダブルで効いていいんじゃないかって思って、
自宅でちまちま作っております。

CIMG18041604.jpg

作り方は簡単。
寒天にレモン汁を入れて煮るだけ♪
寒天にレモン汁を入れると、固まりにくくなるのですが、
そのびみょーに失敗作っぽい状態が、アガロオリゴ糖が生成
されている状態なんだそうです。

CIMG18041605.jpg

お客さんからご自宅でとれた夏みかんをたくさんいただいたので、
しばらくそれを混ぜて作っておりました。

できあがりはそうだなあ~飲むゼリーみたいな感じで、
ちょっとすっぱいのでハチミツや他の種類のオリゴ糖をかけて
食べています。
じんわり効いてくれるといいな~♪
ちなみにやっぱりちょっとすっぱいので、
ふくさんはイヤイヤみたいです(^^;)

Comment:8
2018
05.09

判断が難しい


いや~~~あっという間に過ぎ去っていった今年のGWですが、
みなさまはいかがだったでしょうか?
ワタシは会社の現場が今年は全日動いていたので、
休んだよーな休んでないよーな状態で、いまいち
消化不良の連休でした(:_;)。

さて、ちょっと前のことになりますが、
ふくさんの定期受診に行ってきました。

今回は、血液検査の数値は微々たるものですが、改善
BUN37.1→30.8 Cre2.3→2.4 で、
じわーっと上がり始めていたIPが11.5→11.2に微減。
これ以上上がったらリン吸着剤始めるかなーと思っていたので、
ほっとしました(^^)v。

それからおくちのその後。
嫌がるふくさんのお口をなんとか診てもらったところ、
とりあえず今のところは問題なしということで、よかった~♪
ブロ友さんに教えてもらったお口のサプリも始めてみたし、
いざとなったら抜歯の話も主治医と納得できるまで打ち合わせできたんで、
とりあえず経過観察続行で大丈夫そう。

さて問題は乳び胸です。
再発してから、ずっと胸膜の左側だけ乳びの貯留が認められていたんですが、
今回新たに右側にも貯留があり、ちとショック。
猫さんは、胸膜の右側と左側の境界がわりと完全でない(若干つながっている)子が
多いらしいんですが、ふくさんは以前の症状では右は右、左は左と
しっかり分かれて溜まっていた感じだったんです。
なので、今回右も溜まっているということは、左の貯留が右に流れたというより
新たに右も溜まりだしたという見解の方が正しそうな気がします。
とはいえ、ガッツリ溜まっているわけでもないのでそこらへんが救いですが…
なので、今回も抜去はなし。
左右溜まっていたとしても、胸腔穿刺しなくて良いならば、よしとすべきなのか、
正直判断が難しい…
引き続き経過観察怠らず見守ります。


CIMG18050101.jpg
お昼寝中でちゅよ♪


朝晩はサンラメラつけたり、輸液した日は日中でもホカペつけてたり
してますが、少しずつおこたお篭り時間が少なくなってきてるかな?

これから梅雨までの間、過ごしやすい季節を、のーんびり状態を維持して、
穏やかに過ごして欲しいものです(^^)。



Comment:15
2018
04.16

ステロイド減薬


ここしばらく暖かくなったり寒さが戻ったりと、温度差のある日が続いております。

こういう時期は要注意。
我が家はふくさんもお世話係も冷え厳禁なので、来客に
「え~~~!まだストーブつけてるの?!」
と言われようが、ちょっとでも肌寒ければ暖房オン!です(笑)。
っていうか、ふくさんの場合、夏場のエアコンの時期よりも
ストーブ時期の方が体調管理がしやすい気がします。
というわけで、今日もあったか(若干過剰)ストーブでとろけ中♪


CIMG18041601.jpg
ぬくいでちゅ

CIMG18041602.jpg
ごくらくでちゅ


ふくさんのぶさ顔2連ちゃん(笑)

最近のふくさんですが、一時期に比べて酷い目ヤニが若干収まってきました。
なので、1日おきの輸液の時に毎回投与していたプレドニゾロンを1回おきにして
様子を見ています。
目ヤニ自体は出てるし、都度拭いてあげないと目の周りが爛れてしまうので、
そのへんのケアは必要なんですが、今のところなんとかふくさん自身が
痒くて不快な思いをしてる感じはないので、うまく減薬できそう(^^)v
ステロイドはガツン!と効いてくれて本当に助かるけれど、やはり副作用が
心配なので、このままうまくこの量と頻度でいけたらいいなと思います。

それから乳び胸の方ですが、次の定期受診で見てみないことには
正確なことはわからないのですが…
ふくさんの呼吸数や状態を見る限り貯留量はさほど変動していないような
感じがしています。
といっても、じゃあ乳びの滲出が止まったのかというとそういうわけではなく、
溜まった乳びを吸収する量と、滲出量がギリでバランスとれているって
感じかなぁ?
再発でまた自然に乳びが止まった症例はネットではほとんど
見つけることが出来ないし、そもそもこの病気自体まれな病気なので、
あくまでワタシの推論です。
いずれにせよ、このままうまく収まってくれれば!!
と相変わらず
「このまま~~このまま~~~~」と念じつつ、ルチンをたっぷりチュ~ルで溶いて
飲んでもらっています。

それからそれから、お口痛~いはあれ以来再発せず(^^)v
今のところ普通にカリカリをボリボリ食べています。
この件では、コメでとても参考になるアドバイスをいただき、ありがとうございました!
次回の受診の時、もう一度口の中を診てもらおうと思っていますが、
将来的なことも含めて、もう一度主治医に今後のことをしっかり
相談してみようと思います。

Comment:10
2018
03.23

おくちトラブル


ちょっとご無沙汰している間に、すっかり春めいてきました。

この間ふくさんの乳び胸はなんとか小康状態を保っております。
代わりにちょっと新たなトラブルありでしたが、今はなんとかそちらも
落ち着いています。


CIMG18031601.jpg
おなかすいたでちゅ


ご飯待ちふくさん。
ここしばらく、アレルギーの治療で使っていたステロイドの影響で、
ご飯をモリモリ食べていたんですが、ある日突然食べなくなって、
どうしたのかとよーーーくお顔を見たら、なんだかヘン。
片方のほっぺたが、なーんか膨らんでいるような…?

なもんで急いで受診するも、口回りを触られるのを極端に嫌うふくさんなので、
診察もひと苦労…で、やっと診てもらったものの、歯茎の腫れは
それほど深刻なものでもなさそう…
というわけで、抗生剤投与で様子を見ることに…
もちろん乳びの溜まり具合もしっかりチェックしてもらいましたが、
今回も若干貯留があるけれど、胸腔穿刺で抜去するか悩む量なので、
前回と同様、刺激せず様子をみることになりました♪
なにはともあれ、増えてないのは朗報!
漏れてる分をうまく吸収して増えていないのなら、このバランスで
このまま~このまま~~と祈りつつ引き続き経過観察します。

CIMG18031602.jpg
ごは~~~~~~~~ん!

その日はカリカリが食べられないで、しょんぼりしていたふくさん。
おいしいお味のウェットを買ってあげようかと思いつつ、
療法食のウェットは全敗の過去があり、
一般の総合食を買ってこようかと思ったのですが、
それで味を占めちゃったら療法食生活に戻れなくなりそうなので、
試しにふやかしたカリカリにチュールをちょびっと混ぜて
供したら意外と好感触♪
おくち痛い~が治るまでの3日間、ふやかしご飯で乗り切りました(^^)v

幸いそれ以降、おくち痛い~の症状はなく、抗生剤の効果が切れる
2週間を越えても今のところカリカリ食べられてます。
ふくさんの腎臓コンディションを考えると、おくちの治療って
けっこーリスクがあるので、また腫れたり症状が出たら、
抗生剤でやりすごすか、思い切って抜歯するか、しっかりタイミングや
方法を主治医と話し合っていきたいと思います。

ちなみに、食欲激減の時期と可溶性繊維が食べられなかった
(可溶性繊維をふやかすとなにやら大変なことになりそうで、
コワくてふやかせませんでした(笑))ことで
またしても便秘になりましたが、ラクツロースでなんとか4日後に
排便あり。やれやれ~~~(^^;)

そんなこんなの、すったもんだの日々を過ごすうちに、あっという間に
お彼岸を迎えて、季節は春本番という感じですが、ここにきて
ふくさんのアレルギーがちょびっと緩和の兆し(^^)v
主治医からステロイドの頻度を調節してもよいと許可をもらっているので、
少し間隔を開けて様子を見ています。
このまま調子のいい時期だけでも、ステロイド断薬できたら
血液検査の数値が改善するかなあ~?
するといいな~~~と期待しているところです(^^)。


下僕の闘病メモ
暖かくなってから、ちとリウマチの方があちこちイタタになってきました~(:_;)
冬の方が悪化するんじゃないかと思っていたのですが、ワタシの場合
どうも季節の変わり目や低気圧の方が、調子を崩しやすいみたいです。
潰瘍性大腸炎は本人的にはかなり改善した気でいたのですが、
先日の受診で、「まだまだ~~全然ダメだよ~~」と主治医に言われちと凹み中
まあ気長に寛解めざします♪


Comment:12
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。