2018
05.09

判断が難しい


いや~~~あっという間に過ぎ去っていった今年のGWですが、
みなさまはいかがだったでしょうか?
ワタシは会社の現場が今年は全日動いていたので、
休んだよーな休んでないよーな状態で、いまいち
消化不良の連休でした(:_;)。

さて、ちょっと前のことになりますが、
ふくさんの定期受診に行ってきました。

今回は、血液検査の数値は微々たるものですが、改善
BUN37.1→30.8 Cre2.3→2.4 で、
じわーっと上がり始めていたIPが11.5→11.2に微減。
これ以上上がったらリン吸着剤始めるかなーと思っていたので、
ほっとしました(^^)v。

それからおくちのその後。
嫌がるふくさんのお口をなんとか診てもらったところ、
とりあえず今のところは問題なしということで、よかった~♪
ブロ友さんに教えてもらったお口のサプリも始めてみたし、
いざとなったら抜歯の話も主治医と納得できるまで打ち合わせできたんで、
とりあえず経過観察続行で大丈夫そう。

さて問題は乳び胸です。
再発してから、ずっと胸膜の左側だけ乳びの貯留が認められていたんですが、
今回新たに右側にも貯留があり、ちとショック。
猫さんは、胸膜の右側と左側の境界がわりと完全でない(若干つながっている)子が
多いらしいんですが、ふくさんは以前の症状では右は右、左は左と
しっかり分かれて溜まっていた感じだったんです。
なので、今回右も溜まっているということは、左の貯留が右に流れたというより
新たに右も溜まりだしたという見解の方が正しそうな気がします。
とはいえ、ガッツリ溜まっているわけでもないのでそこらへんが救いですが…
なので、今回も抜去はなし。
左右溜まっていたとしても、胸腔穿刺しなくて良いならば、よしとすべきなのか、
正直判断が難しい…
引き続き経過観察怠らず見守ります。


CIMG18050101.jpg
お昼寝中でちゅよ♪


朝晩はサンラメラつけたり、輸液した日は日中でもホカペつけてたり
してますが、少しずつおこたお篭り時間が少なくなってきてるかな?

これから梅雨までの間、過ごしやすい季節を、のーんびり状態を維持して、
穏やかに過ごして欲しいものです(^^)。



Comment:15
2018
04.16

ステロイド減薬


ここしばらく暖かくなったり寒さが戻ったりと、温度差のある日が続いております。

こういう時期は要注意。
我が家はふくさんもお世話係も冷え厳禁なので、来客に
「え~~~!まだストーブつけてるの?!」
と言われようが、ちょっとでも肌寒ければ暖房オン!です(笑)。
っていうか、ふくさんの場合、夏場のエアコンの時期よりも
ストーブ時期の方が体調管理がしやすい気がします。
というわけで、今日もあったか(若干過剰)ストーブでとろけ中♪


CIMG18041601.jpg
ぬくいでちゅ

CIMG18041602.jpg
ごくらくでちゅ


ふくさんのぶさ顔2連ちゃん(笑)

最近のふくさんですが、一時期に比べて酷い目ヤニが若干収まってきました。
なので、1日おきの輸液の時に毎回投与していたプレドニゾロンを1回おきにして
様子を見ています。
目ヤニ自体は出てるし、都度拭いてあげないと目の周りが爛れてしまうので、
そのへんのケアは必要なんですが、今のところなんとかふくさん自身が
痒くて不快な思いをしてる感じはないので、うまく減薬できそう(^^)v
ステロイドはガツン!と効いてくれて本当に助かるけれど、やはり副作用が
心配なので、このままうまくこの量と頻度でいけたらいいなと思います。

それから乳び胸の方ですが、次の定期受診で見てみないことには
正確なことはわからないのですが…
ふくさんの呼吸数や状態を見る限り貯留量はさほど変動していないような
感じがしています。
といっても、じゃあ乳びの滲出が止まったのかというとそういうわけではなく、
溜まった乳びを吸収する量と、滲出量がギリでバランスとれているって
感じかなぁ?
再発でまた自然に乳びが止まった症例はネットではほとんど
見つけることが出来ないし、そもそもこの病気自体まれな病気なので、
あくまでワタシの推論です。
いずれにせよ、このままうまく収まってくれれば!!
と相変わらず
「このまま~~このまま~~~~」と念じつつ、ルチンをたっぷりチュ~ルで溶いて
飲んでもらっています。

それからそれから、お口痛~いはあれ以来再発せず(^^)v
今のところ普通にカリカリをボリボリ食べています。
この件では、コメでとても参考になるアドバイスをいただき、ありがとうございました!
次回の受診の時、もう一度口の中を診てもらおうと思っていますが、
将来的なことも含めて、もう一度主治医に今後のことをしっかり
相談してみようと思います。

Comment:10
2018
03.23

おくちトラブル


ちょっとご無沙汰している間に、すっかり春めいてきました。

この間ふくさんの乳び胸はなんとか小康状態を保っております。
代わりにちょっと新たなトラブルありでしたが、今はなんとかそちらも
落ち着いています。


CIMG18031601.jpg
おなかすいたでちゅ


ご飯待ちふくさん。
ここしばらく、アレルギーの治療で使っていたステロイドの影響で、
ご飯をモリモリ食べていたんですが、ある日突然食べなくなって、
どうしたのかとよーーーくお顔を見たら、なんだかヘン。
片方のほっぺたが、なーんか膨らんでいるような…?

なもんで急いで受診するも、口回りを触られるのを極端に嫌うふくさんなので、
診察もひと苦労…で、やっと診てもらったものの、歯茎の腫れは
それほど深刻なものでもなさそう…
というわけで、抗生剤投与で様子を見ることに…
もちろん乳びの溜まり具合もしっかりチェックしてもらいましたが、
今回も若干貯留があるけれど、胸腔穿刺で抜去するか悩む量なので、
前回と同様、刺激せず様子をみることになりました♪
なにはともあれ、増えてないのは朗報!
漏れてる分をうまく吸収して増えていないのなら、このバランスで
このまま~このまま~~と祈りつつ引き続き経過観察します。

CIMG18031602.jpg
ごは~~~~~~~~ん!

その日はカリカリが食べられないで、しょんぼりしていたふくさん。
おいしいお味のウェットを買ってあげようかと思いつつ、
療法食のウェットは全敗の過去があり、
一般の総合食を買ってこようかと思ったのですが、
それで味を占めちゃったら療法食生活に戻れなくなりそうなので、
試しにふやかしたカリカリにチュールをちょびっと混ぜて
供したら意外と好感触♪
おくち痛い~が治るまでの3日間、ふやかしご飯で乗り切りました(^^)v

幸いそれ以降、おくち痛い~の症状はなく、抗生剤の効果が切れる
2週間を越えても今のところカリカリ食べられてます。
ふくさんの腎臓コンディションを考えると、おくちの治療って
けっこーリスクがあるので、また腫れたり症状が出たら、
抗生剤でやりすごすか、思い切って抜歯するか、しっかりタイミングや
方法を主治医と話し合っていきたいと思います。

ちなみに、食欲激減の時期と可溶性繊維が食べられなかった
(可溶性繊維をふやかすとなにやら大変なことになりそうで、
コワくてふやかせませんでした(笑))ことで
またしても便秘になりましたが、ラクツロースでなんとか4日後に
排便あり。やれやれ~~~(^^;)

そんなこんなの、すったもんだの日々を過ごすうちに、あっという間に
お彼岸を迎えて、季節は春本番という感じですが、ここにきて
ふくさんのアレルギーがちょびっと緩和の兆し(^^)v
主治医からステロイドの頻度を調節してもよいと許可をもらっているので、
少し間隔を開けて様子を見ています。
このまま調子のいい時期だけでも、ステロイド断薬できたら
血液検査の数値が改善するかなあ~?
するといいな~~~と期待しているところです(^^)。


下僕の闘病メモ
暖かくなってから、ちとリウマチの方があちこちイタタになってきました~(:_;)
冬の方が悪化するんじゃないかと思っていたのですが、ワタシの場合
どうも季節の変わり目や低気圧の方が、調子を崩しやすいみたいです。
潰瘍性大腸炎は本人的にはかなり改善した気でいたのですが、
先日の受診で、「まだまだ~~全然ダメだよ~~」と主治医に言われちと凹み中
まあ気長に寛解めざします♪


Comment:12
2018
02.25

小康状態

やーーっとちょっとだけ春が近づいてきた気配が感じられる今日この頃…

ふくさんも、日向ぼっこでご機嫌です。

CIMG18022101.jpg
ぬくいでちゅ


昨年暮れから乳び胸再発で当初は生きた心地がしないような
状態が続いていて、年が明けてからは少し乳びの貯留スピードが
落ちて、祈るような気持ちで毎日過ごしてきましたが、
まあ今もそのへんのハラハラは変わらないんですけど、どうやら
スピードが落ちた状態で、しばらく落ち着いているようです。

先日受診した感じでは、どうしても抜かないと呼吸困難になる
量ではなくて、思い切って胸腔穿刺は見送ることに。
胸腔に針を刺したことによる刺激や感染症のリスクを鑑みたうえの
結論です。
難しいところだけど、泣く子を起こす的な結果でまたどばーっと
来るのも怖いので、おそるおそる様子見が続きます。
で、腎臓の方の血液検査の結果は、BUNとリンが若干上昇で、
要注意な数値に
さらにステロイドを始めてから気になっていた血糖値も調べたら、こちらも
上昇中
このへんの数値の悪化はステロイド起因かもしれません。
乳び胸はルチンの量を増やすくらいしかできる事がないので、このまま
沈静化してくれることを祈りつつ、腎臓やアレルギーの方のケアも
併せて気を抜かずにお世話せねばと思ってます。


さてさて、下僕の潰瘍性大腸炎のほうは、お薬がわりと効いてくれて、
少しずつ症状緩和しております(^^)v
良くなったり悪くなったりを繰り返しながらだんだん悪くなるという
病気らしいので、良くなったら次に悪くなるまでの期間をなるべく長く
持ちこたえるのが大事かな~と思ったりしてます(^^)。
そのためにはまず一定の寛解状態まで持ち込まないと。
リウマチの方もこの寒さのわりにはおとなしくしてくれていたので、
このまま維持できるように油断せずに管理していかねば~♪

ふくさんが頑張ってくれてるんだから、下僕もそう簡単には
くたばりませんよ~~(^^)v

Comment:8
2018
02.03

踏ん張ってます

1月はいろんなことがあって、あっという間に過ぎていき、
気がつくともう2月~~
月日が経つのが早すぎマス(^^;)

さて、ふくさんの乳び胸の経過ですが、前回胸腔穿刺で
乳びを抜いた時、主治医と次はギリギリまで頑張って抜きましょう、
って話し合ったので、日々呼吸数チェックしつつ経過観察しています。
なんとなーーく、ですが、前回より貯留スピードが下がってきているような(≧∀≦)
ただ、ちょっと動いただけでハァハァしちゃうのは変わらず…
これはもう治らないかもしれないね、と主治医は言っています。
元気に走り回ることは出来ないかもだけど、穏やかにのーんびりしてもらってて、
たまに走っちゃった時(といってもうん○ハイの時くらいなものだけど)は、
十分休息取ってもらえるように、常にふくさんが安心していられるような
環境作りを心がけていきたいと思います♪

CIMG18010003-1.jpg
まつぼっくりじゃないでちゅよ♪

毛割れは相変わらずですが、ひところよりは落ち着いたかな。
再発した時はホントにまつぼっくりみたいになってたので(^^;)

とにかくこの病気、外科手術以外の積極的治療の選択肢がすごく少なく、
腎臓の弱いふくさんには、積極的治療なないと言っても過言ではなくて、
ひたすら治まってくれるのを祈るのみ…
なので、今のところ貯留がもしかしたら緩やかになってるかも…というのは、
心配して気遣って下さっている方々の思いのおかげという気がしてなりません。
本当にいつも応援してくれてありがとうございます。



さてさて、今年はとにかく全国的に寒すぎです。
そんでもって雪、降りすぎ。
会社もインフルエンザと雪で現場の遅延で潰れそうです(^^;)。

そんな中、ふくさんはとにかくあったかくしていてもらわないとなので、
ストーブ全開ホカペ全開体制です。

CIMG18010007-1.jpg
ぬくいでちゅ♪

ふくさんかぶりつきでストーブ満喫の図(^^)。



さてさて、下僕の腹痛の検査の結果ですが、
確定診断が出ました。
潰瘍性大腸炎でしたー(>_<)

実は、症状的に最悪大腸がんのステージⅢBあたりの可能性も
あったので、即手術とかにならずに済んでヤレヤレなんですが、
この病気なかなか厄介で、いまのところ完治しない難病らしいです。
リウマチも治らない病気だし、どちらも免疫系の暴走が原因で、
なおかつ強いストレスが発症要因になる可能性高い病気ってことで、
原因は同じところにあったのかなーと。
おそらく発症時期も同じ頃だと思います。
ならば、もう原因からは離脱してるので、あとはうまくコントロールして
治らないなりにつきあっていこうかと。
少なくともふくさんがこんなときに、入院とか手術とかは絶対無理なので、
ここはワタシも踏ん張ります(^^)v。

大雪だけじゃなくて、インフルエンザも大流行…
ブロ友さんも何人かインフルエンザでダウンされてました。
明日は立春♪
まだ寒さは続きそうだけど、春は少しずつ近づいてきてるから、
もうちょいがんばりましょーーー(^^)v


Comment:6
back-to-top