2011
10.04

お買い物いろいろ

Category: 慢性腎不全
名古屋はいきなり快適な季節を飛び越えて、
肌寒くなってまいりました。

ここしばらく若干好調だったふくさんですが、
ここにきてまた低調に逆戻りしつつあります(涙)。
腎不全は、小さな波大きな波と、好調不調を繰り返しながら
だんだんと進行していくと聞きますが、
なるほどーーーこういうことなのかって、ちと実感。
本当に、ほんの少しの気候の変化で、バランスを崩し、
一気にドドーーーンと食欲落ちになってしまうんだなあ~

食欲の方は、9月の初旬の食欲廃絶直前までは行かず、
なんとか食欲不振あたりの範囲で持ちこたえました。
ただ、飲水量がいきなり下がってしまったのが、困ったところ。
現在1日おきに行っている皮下輸液の量を、昨日はちょっと増量。
主治医には「もっと輸液増やしてもいいよ~」と言われているんですが、
心臓への負担と、乳びへの影響と貧血への影響が心配なので、
180mlを200mlに増量して、様子を見ています。



さてさて、
そんなわけで、腎不全猫さんは、食欲が上がったり下がったりを
しょっちゅう繰り返しちゃうことがあるんですが、そんな時困るのは
ドライのごはん。
開けちゃったばかりのカリカリをしばらく食べないなんてことも
けっこう起こるわけで…
それに、食べていても食が細いので、なかなかなくならない…
なるべく小さい袋の物を購入しているんですが、それでも
何種類かを開けては出し、開けては出ししているので、
さらに減りが遅くなります。
そうなると、さらに食べてくれなくなるし、酸化も心配…

というわけで、こういうのを購入しました。

CIMG1110_0049.jpg

家庭用真空パック器「グルメセーバー」

新しいカリカリを開けたらすぐに、1/4くらい出して、
あとは全部これで真空パックにしちゃいます。

CIMG11100050.jpg

真空パックにしたところ♪

出した1/4を食べきったら、この袋を開けて1/4出して、
またリパックします。
この袋、シールした部分を切って開封した後
再利用できるので便利♪

開けてもまったく食べない療法食のカリカリは、
一口分だけ出しておいて、全部真空パックにして
食欲好調な時に、そろ~りとトライしたりして(笑)。
なにせ食べてもらいたい療法食は、なかなかお気に召さない
お味のようなので、好調期にしか出せません(涙)。

ちなみに…
うちのふくさん、療法食のウェットはほぼ全滅で(:_;)。
まったく食べてくれないか、食べてくれても吐いちゃうのです。
どうもふくさん、高栄養のウェット食を胃が受け付けないようです。
なので、リーナルケアなんて、腎不全猫さんの命綱みたいな
栄養食も食べられないんです。
強制給餌以前の問題にぶち当たってしまって、
なんとも悩ましいところです。




Comment:18
back-to-top