2011
10.09

久々の受診

Category: 特発性乳び胸
先月最後の受診で、主治医と相談し、
「次の受診は10日後」としていたので、
本日久々の受診となりました。

乳び胸の方の貯留した乳びの抜去と留置したチューブの点検、
そして化膿どめの為の抗生剤投与、
それから腎不全の血液検査や経過観察と、
7月末から、ほぼ毎週2~3回通っていた病院ですが、
9月にチューブを抜去したあたりから、
右の乳びの貯留が落ち着き、左も貯留量が比較的少なく
安定してきているため、少しずつ受診の間隔を延ばして
いっていました。

本日、左の乳びの抜去量は、40ml。
右も少し溜まっているけど、穿刺で抜去はできないかも…
という状態で落ち着いています。
ここにきて、これからの方針について、主治医と相談。
今まで通り、週1回くらいのペースで少量抜去を続け、
乳びの漏れを完全に止めることを目指すか、
それとも、腎不全闘病とのバランスを取って、
貯留量を見守りながら、定期的に抜去を続けるか…

結論として、今の貯留スピードなら生命の危険はなく、
また穿刺の抜去には少ないながらもリスクがあり、
そのリスクと、ふくさんの通院ストレスを加えたものを
上回るほど、穿刺で抜去出来る量は多くない。
ということで、引き続き経過を注意深く観察しつつ
抜去の間隔を伸ばしていきましょう。という方向となりました。

DSC_11101274.jpg
病院は嫌いでちゅ!

ふくさん、お喜びください♪
次回の受診は2週間後。ただし、
ちゃんとごはんを食べて、おとなしく輸液させてくれれば…
の話ですが(^^;)。

少し前からふくさんに、バッジフラワーレメディを
試しているのですが、まだ受診の恐怖感は強いようで、
今日も出がけにおもらしをされてしまいました(^^;)。
まあ、おしっこ出ないよりはいいんですが(笑)。
でも、受診で大きなストレスがかかっているのは事実なので、
少しでも間隔が広がったのは良かったかも♪

DSC_11101276.jpg

これは昨日の写真ですが、本日受診から帰ってきてから、
ふくさん怒りの爆食でした(笑)。
やっぱり多少の貯留とはいえ、左の乳びを抜去すると、
気分が良くなるのかもしれません。
通院のストレスと乳びの抜去のペース。
なかなかバランスは難しいけれど、いいペースを作って、
病気とうまく付き合っていかねば♪
ふくさん、がんばろうね(^^)。



Comment:20
back-to-top