2011
10.28

インフルエンザ予防接種

Category: 慢性腎不全
名古屋は本日穏やかな晴れでしたが、
昨日はどどーんと冷え込み、加湿器やらホカペやら
エアコンやらつけまくり、ほとんど冬みたいな
暖房稼働状態でした(^^;)。
本日は、灯油ストーブも配備(^^;)(^^;)。
もうそういう季節が来てるんですねえ…
夏から…あっという間でした。

DSC_11101324.jpg

昨日のふくさんの様子。
輸液待ちなさっております(笑)。
昨日はずーーっとおこたに入りっぱなしで、
低温やけども心配だし、
輸液をおこた内でするのは難しいし…で、
ズルズル引っ張り出してみました(笑)。
乗っかってるのはレンジでチンする湯たんぽ♪

DSC_11101320.jpg
寒いでちゅ早くするでちゅ

おこたから出て御機嫌ななめでしたが、輸液はしっかり
ネコ肌と人肌の間くらいに暖めてから行いました。
現在180mlしているんですが、180ml低い温度の
輸液を入れると身体が冷えちゃいそうで…
それにいい感じに暖めといた方が、気持ちいいみたいだし♪


さて、表題の件、
本日インフルエンザの予防接種を行ってまいりました。
名古屋に来る前は、福祉施設で仕事をしていたので、
当たり前のように職場で接種していたんですが、
こちらに来てからは、自主的に病院で予約して
受けています。
今年はふくさんのお世話があり、絶対倒れられないので、
ちょっと早めに受けておきました。
小児科併設の婦人科で受けたんですが、
なんていうか…衝撃的なくらい痛くなかった!!
ホントに筋肉注射しました??って感じでした。
小児科の先生だから、ものすごく上手なのか、
(毎日痛くない注射を心がけているうち名人になってるとか)
年々注射針が進化してるのか、謎です(^^;)(^^;)。

でも、もし日々の努力で痛くない注射が出来るようになるなら、
ワタシも日々修業してると、ふくさんに痛くない輸液を
してあげられるようになるのかなあ…
輸液名人になるまでは長い修業期間が必要そうなので、
ふくさんそれまで暖かく見守ってね(笑)。






Comment:20
back-to-top