2013
08.24

トイレを変えてみた

Category: 特発性乳び胸
やーっとちょっとだけ暑さが落ち着いたかなあと
お盆明けあたりでは思っていたんですが、
ここにきて、猛烈な残暑ですねえ(^^;)(^^;)。

みなさま、涼しくなるまでもうちょいです。
なんとかうまく暑さをやり過ごしましょうぞ♪

さて…
残暑とはまったく関係ないネタなのですが、
このたび思い切って、ふくさんのトイレを
新調いたしました。

DSC_13082048.jpg

ユニチャームのデオトイレ

いままでのトイレはふつーのフード付きだったのですが、
今回はシステムトイレにしてみました。
理由は第一に下僕が相変わらずの腕痛肩痛で、
フード部分がガバッと開く構造の方が、
お掃除時、かなり楽だということ。
第二に、システムトイレなので、当然下に
スノコが敷いてあるということ…

実はふくさんの患った「乳び胸」なんですが、
多かれ少なかれ、胸膜内の線維化という現象が
起こっている可能性が高いのです。
ふくさんも、乳び抜去の後半には、乳びに混じって
線維化で発生したと思われる細胞片のようなものが
出てきたりしていました。
まあそんなわけで、仮に若干の線維化が起こっていたとして、
そうすると、肺のふくらみを若干阻害している可能性もあり、
肺活量がふつうの猫さんより少ないかも…
と、これはあくまで下僕の推測と、ふくさんを観察して
感じたことなので、医学的根拠に基づいて「少ない!」と
断言できるわけではありません。

で、そうなると気になるのが紙製猫砂の細かい粉…
肺活量が少ないところにぜんそくにでもなられちゃったら
大変だということで、「やらないよりマシ」程度の効果
とは思いますが、実践してたのがコレ。

DSC_13031928.jpg

100均で見つけた野菜の水切りボウル?みたいなの。
これにお砂を入れて、ちょっとふるってからいちいち
トイレにお砂を入れてました。
これでもね、やらないよりはマシだったみたい。

DSC_13031948.jpg

袋の残量が少なくなってくると、下に溜まった粉がけっこう
いっぱい出てきました。

しかしながら、うちのふくさんはけっこーー派手に猫砂掘るタイプなので、
結局後からも粉が発生しちゃってるみたいで(^^;)(^^;)。
やっぱりスノコがある方がいいなーと思っていたわけです。

ただ問題は、新しいトイレをお気に召していただけるか…
おしっこ我慢されちゃったら本末転倒なわけで、
環境をできるだけ変えたくない部分もあり、今まで
なかなか変更できないでいました。

新しいトイレにチェンジする作業を興味津々で
眺めていたふくさん…
念のため、お砂は今まで使っていたものを
そっくりそのまま移し替え。

で、新装開店後…ものの15分で使っていただけて、
ひと安心(^^)。
実は以前、他のメーカーのシステムトイレを
置いていた時は、あんまり使ってもらえなかったんで、
ほっとしました~♪

DSC_13082059.jpg
全然気にならないでちゅよ♪

ホントはお砂もシステムトイレのお砂に替えられたら
いいんだとは思うんだけど、こっちはふくさんけっこー
こだわりがあるみたいなので慎重に試してみようと思います。
なにはともあれ、下僕はかなり楽になりました~~~ヽ(^o^)丿






Comment:18
back-to-top