--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018
05.09

判断が難しい


いや~~~あっという間に過ぎ去っていった今年のGWですが、
みなさまはいかがだったでしょうか?
ワタシは会社の現場が今年は全日動いていたので、
休んだよーな休んでないよーな状態で、いまいち
消化不良の連休でした(:_;)。

さて、ちょっと前のことになりますが、
ふくさんの定期受診に行ってきました。

今回は、血液検査の数値は微々たるものですが、改善
BUN37.1→30.8 Cre2.3→2.4 で、
じわーっと上がり始めていたIPが11.5→11.2に微減。
これ以上上がったらリン吸着剤始めるかなーと思っていたので、
ほっとしました(^^)v。

それからおくちのその後。
嫌がるふくさんのお口をなんとか診てもらったところ、
とりあえず今のところは問題なしということで、よかった~♪
ブロ友さんに教えてもらったお口のサプリも始めてみたし、
いざとなったら抜歯の話も主治医と納得できるまで打ち合わせできたんで、
とりあえず経過観察続行で大丈夫そう。

さて問題は乳び胸です。
再発してから、ずっと胸膜の左側だけ乳びの貯留が認められていたんですが、
今回新たに右側にも貯留があり、ちとショック。
猫さんは、胸膜の右側と左側の境界がわりと完全でない(若干つながっている)子が
多いらしいんですが、ふくさんは以前の症状では右は右、左は左と
しっかり分かれて溜まっていた感じだったんです。
なので、今回右も溜まっているということは、左の貯留が右に流れたというより
新たに右も溜まりだしたという見解の方が正しそうな気がします。
とはいえ、ガッツリ溜まっているわけでもないのでそこらへんが救いですが…
なので、今回も抜去はなし。
左右溜まっていたとしても、胸腔穿刺しなくて良いならば、よしとすべきなのか、
正直判断が難しい…
引き続き経過観察怠らず見守ります。


CIMG18050101.jpg
お昼寝中でちゅよ♪


朝晩はサンラメラつけたり、輸液した日は日中でもホカペつけてたり
してますが、少しずつおこたお篭り時間が少なくなってきてるかな?

これから梅雨までの間、過ごしやすい季節を、のーんびり状態を維持して、
穏やかに過ごして欲しいものです(^^)。



スポンサーサイト
Comment:15
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。