FC2ブログ
2018
11.20

みんな正しい

前回の更新からまもなく、二次診療をお願いした病院から連絡がありました。

お願いしていたクロナリティ検査の結果が出て、やはり陰性だったとのこと。

その結果を踏まえて、先生なりの診断を下していただいたのですが、
確定診断には至らなかったけれど、CTの画像を見る限りはやはりリンパ腫
でしょうとのこと。
ステロイドをいったん断薬してもう一度血液検査するのが望ましいけれど…
というお話でしたが、ステロイドという薬はぱっと止められる薬じゃないし、
今の全身状態を維持できてるのはステロイドの力かもしれないから、
慎重に経過をみつつ、減薬できるようになってから考えることにしました。
2次診療をして下さった先生、一生懸命説明して下さって感謝です。
そしてその結果は主治医にも連絡されていて、受診の際今後の治療を
どうしていくか、相談しました。

まずは貧血の件、
急変後のふくさんは、貧血の症状が出ていました。
これは胸腔内の出血が原因だったようで、徐々に回復の兆しが(^^)v
腎性貧血の可能性も考えて造血ホルモンの話も出ていたのですが、
そちらはまだ大丈夫そうです。
で、抗がん剤の件、
これは本当に悩んだけれど、結論としては少なくとも今の段階では
行わないことにしました。
これは主治医も同意見。
抗がん剤治療はふくさんの腎臓がもたないだろうと…
肺の機能がかなり低下しているのも一因です。
あとはいかに穏やかに過ごせる時間を延ばせるか。

DSC_182227.jpg

呼吸が荒いものの、ごはんも食べられていて、今は落ち着いているふくさん。
今はサンラメラでぬくぬくできているけど、ふくさんの大好きなストーブは
酸素を消費しちゃうから息苦しいかなあ…
そのへん検討せねば…

DSC_182236.jpg
お水がおいしいでちゅ♪

お水もしっかり飲めているし、腎機能の数値はそこそこ維持できてます。
ふくさんはステロイドで血糖値があがる副作用が出るので、
慎重に減薬していく方向になりました。

DSC_182243.jpg
猫草だいちゅき~~

猫草が倒れないように押さえているお世話係の足はお見逃しを(笑)

ふくさんは猫草大好きで、放置しとくと食べすぎちゃう感じがあるので、
しばらく1日に1~2回出して、普段はふくさんの入らない部屋に置いたり
してました。
でもこれはもう解禁。
好きなだけむしって遊んで、好きなだけ食べてもらうことに。
これからはふくさんの楽しいと大好きを最優先にしようと思います。



ふくさんがリンパ腫だということがわかってから、
これからの治療方針について迷いに迷って、同じ病気で闘病した猫さんの
ブログをたくさん拝見しました。
ここに来てくれるブロ友さんのおうちにも、リンパ腫を闘病された猫さんや、
他の腫瘍を闘病した猫さんがいます。
ご家族はみなそれぞれ猫さんのために一生懸命考えて、
全力でお世話されていました。
それぞれコンディションも年齢も違う猫さんたちだったけど、
家族の愛情を一身に受けて、果敢に闘病している様子を拝見して、
思ったのです。

みんなそれぞれ全部正しい。

猫さんが旅立ってから、
「あの時こうしていたら…」とか後悔は必ずでてくる。
ワタシも今の時点で抗がん剤を試さなかったことを後日強く後悔する
かもしれない。
でも、きっとこれでいい。

ふくさんが少しでも長く穏やかに過ごせるよう、それからいっぱい
楽しいや嬉しいを積み重ねていけるよう、それを一番に考えて
がんばってお世話していこうと思います(^^)
Comment:10
back-to-top