FC2ブログ
2018
12.23

防寒対策と年末の受診

あっという間に今年最後の連休も終盤ですが、
みなさま楽しいクリスマスをお過ごしでしょうか?

ワタシは…というと、年末お仕事追い込みで、若干心が折れそうです(笑)
で、この3連休が山場って時に、ふくさんの受診もタイミングが合ってしまい(涙)
なにより大事なふくさんの体調管理を当然!優先して、
行って参りました(^^)v

連休初日ということで混んでるかも~~~と覚悟して行ったのですが、
意外と空いていてほっとひと息…
なにせふくさん、いったん受診が始まると1時間はかかっちゃうわけで、
(血液検査・超音波・胸腔穿刺・輸液+注射・爪切りでだいたい1時間)
終わると待合室がいっぱい…なんてこともあるわけで(^^;)
一応先生は2人体制なんですが、
患者さんが多い時はちょっと申し訳ない感じがします。
そんな訳で比較的空いていてほっとして、すぐに呼んでもらえて
ふくさんの負担も少なくて、ラッキーでした。

で、ふくさんの容態ですが、
胸水はかなーり溜まっておりました。
今回は180ml、主治医が粘って粘って抜いてくれました。
急変時の真っ赤な胸水に比べると、回を重ねるにつれて色の変化が
出ています。
前回はちょっとオレンジジュースみたいな色に変化していて、
今回は若干乳びっぽい白濁がでてました。
いちごミルクに近づいてる感じ…
この胸水の色に比例して、貧血もほぼ解消\(^▽^)/
腎臓の数値のほうは、BUNはちょっと上がっちゃったものの、
Creはいい感じ。
BUN38.3、Cre2.2という結果でした。

これで年内の受診は一応終わり。
あとは休診期間に急変がないことを祈るのみです。
今のふくさんは、いつなにが起きてもおかしくないけれど、
なんとか一緒にクリスマス~お正月を迎えられそうです(^^)。


さて…
ふくさんは、ご存知のとおり腎不全猫さんなので、冷えは大敵。
しかも寒がりなので、毎年ストーブ全開、ホカペ稼動で
部屋の中は常時ぽかぽかを心がけてきました。
が、今年はふくさんの肺の機能がかなり低下してしまい、さらに
新鮮な空気を補充しながらのぽかぽかを目指さなきゃいけない
ことになり、いろいろ考えて、
ちょっとだけ、工夫してみることにしました♪

我が家のリビングとキッチンにある小窓。
ペアガラスじゃないので、いまいち断熱効果が低い。
新鮮な空気は必要だけど、余計な冷気は断固お断りしたいので、
この2つの窓を、なんちゃって2重窓にしてみました(笑)。

まずはキッチンの小窓。

DSC_18122267.jpg

施工前の写真を撮り忘れたので、わかりにくいかも(^^;)。
説明すると、窓枠ほぼぴったりの木の枠を作って、それにホムセンで売ってる
断熱プチプチを両面に貼って、はめこんだという、極めて単純な代物です。


こちらはリビングの窓。

DSC_18122259.jpg

こっちは下のほうにヘンな手すりがあって、けっこー苦労しました。

DSC_18122261.jpg

これをすぽっと填め込みます。
DSC_18122269.jpg

こんな感じになります。
念のため、枠にスポンジテープを貼って、落下防止しています。
で、効果はというと…

けっこーありました\(^▽^)/

なんかこう、すーーーーっとどこからか来る冷気がかなり緩和されて、
手のひらを窓に近づけてもひんやり感が少ない(^^)v。
あったかくなるまで、窓を開けられないのが難点ですが(笑)、
正直こんなに効果があるとは思わなかったので満足満足(*^.^*)。


と、ワタシが自画自賛している頃、ふくさんはというと…

DSC_18122274.jpg
なんかいるでちゅ

と、クモさんウォッチングに勤しんでおられました(笑)。


今年もあとちょっと。

我が家は今年は全くクリスマスのかけらもない状態で、
とりあえず、ケーキだけでも食べとくか的なクリスマスになりそうですが、
ふくさんと一緒に迎えられるだけでも特大プレゼントをもらった気分です(^^)。

闘病犬猫さんのいるおうちは、休診期間が心配な年末年始ですが、
どうか、みんな無事に良い年越しを迎えられますように♪


Comment:20
back-to-top